2013年2月20日 (水)

自宅庭餌台の鳥3

毎年来てくれるツグミです。同じ個体かどうか分かりませんが。

Tugumi2502031

シロハラは初めて来ました。突然の来訪でほんの一時枯れた草をほじくり返して飛び去りました。その後は姿を見せてくれません。

Sirohara2502031

Sirohara25032

Sirohara25033


キジバトは餌台の中に座り込んで食べていたりします。大食漢ですぐに餌が無くなりますので,餌の与え方を考えようっと。

Kijibato2502031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

我が家の訪問者達2(2013年)

メジロは過去に一度か二度来てくれた記憶があります。今回も突然に来て激しく動き回り去って行きました。

Mejiro2502031

Mejiro2502032

Mejiro2502033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

我が家の訪問者達1(2013年)

いつものジョウビタキ。毎年来ていますが今年はあまり長居をしてくれません。

Joubitaki2502031_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

2010.05.02自宅

朝起きて無造作にカーテンを開け,外を眺めていると,「あれ??鳥さんがいる。あ~っ!コジュケイだ。」
近くにはいつものデジ一眼カメラが無い。取りあえず手元にあるFZ18のシャッター半押しでピントを合わせる。が??「ゲゲッ,AFが遅~い。」ピントがあった時には,既に移動している。

なんとかピントが合ってからシャッター全押しするも,タイムラグで鳥さんが移動。しかもシャッタースピードが稼げないので,ブレ連発。「デジ一眼とこんなに違うのね。」
改めて実感です。

Kojukei2205021

Kojukei2205022

やっとピントがあったと思ったら棒がぁ。(泣)
Kojukei2205023

そうこうしているうちに私の気配を感じたかお帰り遊ばしました。

さてさて,その後,庭を眺めていると,どうしたことでしょうか。スズメ,ヒヨドリ,シジュウカラ,ツグミ,エナガなどが次々とやってきました。でも,シジュウカラやエナガはFZ18では撮影無理でした。

Suzume2205021

Hiyodori2205021

Hiyodori2205022

Hiyodori2205023

このツグミさんは一冬居着いてくれたツグミさんです。全体が色黒で見た目可愛くないのですが,私的にはとっても可愛いですよ。
こんなところで,まだ餌取りしていて大丈夫なのでしょうか。チョッと心配です。
Tugumi2205021 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

2009.11.21(土) 自宅

自宅のウメモドキの木にジョウビタキ♂がたびたび来ています。ヒヨドリさんに追い立てられるので,一度の訪問時間は短いのですが,じっと見ているといろいろ楽しませてくれます。
そろそろウメモドキの果実も無くなると思うので,そのご訪問回数が減ってしまうのが心配です。

Joubitaki2111214

Joubitaki2111215

Joubitaki21112110

ウメモドキの果実を食べるのは一瞬でおしまいです。連写でパシャ,パシャと撮ってみました。ISOの設定をしくじりました。もっと高感度に設定すれば羽まで止まったと思うのですが。贅沢かな。
2.4.5枚目の写真は完全な被写体ブレなので,画像を小さくしアンシャープを強めにかけました。(^ ^;
Joubitaki2111216 Joubitaki2111217 Joubitaki2111218 Joubitaki2111219 Joubitaki21112191

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

2009.11.14(土) 自 宅(ジョウビタキ♂)

朝食を食べていたら,庭の枝にジョウビタキ♂が来た。カメラをセットしていないので,今からセットしていては間に合わないかなど考えていると,ヒヨドリが来てジョウビタキを追っ払ってしまった。ツグミを追っ払うし困ったヒヨちゃんだ。

食事を済ませてからカメラをセットし,窓を開けて待機していいたら,1時間後位にまたジョウビタキ♂が来てくれた。「ヨッシャー」と心の中で気合い一発。

でもなかなか良いところに出てくれないのねこれが。ひとしきり楽しませてくれた後,どこかに飛び立ち戻ってこないので,満足して終了した。

Joubitaki2111144

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

200103(木)自宅周辺で

正月三が日に自宅周辺で鳥見をしてきた。
今年は例年に比べ鳥たちを見つけることができた。
近くの川では小鳥類が飛び交っていた。特に驚いたのはベニマシコ♂1羽と♀4羽が群れていたことだ。いつも不思議に思っているのだが,群れている場合には♂に対して♀の数が多いような気がしている。何故だろう。ヒョッとして♀に見えるのは♂の幼鳥なのだろうか。

ベニマシコ♂の絶好の撮影チャンスを逃してしまった。残念だったなぁ。その後は藪っぽいところでお食事に夢中だった。
Benimasiko2001021_3

その後公園に行ってみたら,なんとカワセミが目の前5m位のところに飛んできて止まった。一瞬のことでピント合わせに戸惑っているうちに,飛び去ってしまった。ガックリ。
日を改めて次の日に同じ場所に行ってみると,「いた!」 飛び立たれないように慎重にデジスコをセットしたところ,更に近づいてきて小枝に止まってくれた。

「チャンス!」とピント合わせを済ませ,連写。数枚撮ったところで移動された。
その後は場所を転々としながら移動を繰り返している。1時間程待っていると少し遠い木の枝に止まったきり,動かなくなってしまった。
枝が邪魔だし,近づくとプレッシャーを掛けてしまいそうだし。気持ちが揺れ動く。結局は諦めて帰ってきてしまった。

背景が汚いのでトリミング後のカワセミさんで~す。
Kawasemi2001033

他にも撮ることは撮った。カワセミさん。
光が当たっていないので発色がいまいち。
Kawasemi2001034

こちらは逆光でカワセミさんがソフトーン仕上げになってしまった。
Kawasemi2001035

待ち時間の合間にオオハクチョウをパチリ。首を曲げて枠内に無理矢理収まってくれました。オオハクチョウさん,ありがとう。
Oohakutyou2001031

ノスリも飛んできてくれたが,しっかりと樹上の枝が邪魔になるところに止まっています。
可愛い顔なので幼鳥かな。って,いい加減な根拠無し。
Nosuri2001031

Nosuri2001032

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

2008.01.01(水)室内から

元旦の朝起きたら一面の雪景色だった。例年は近場の探鳥地に鳥見に出かけるのだが,雪の中を歩いて鳥見をするのは辛いなぁ。と言うわけで,自宅室内から鳥撮影をすることにした。
元旦朝から空気の入れ換えよろしく窓を開け放して,寒い中撮影をした。

雪が降ったせいか少し離れた斜面にホオジロが来ている。かなり遠いがまずは新年の撮り始めとなった。

僅かに顔を題しているセイタカアワダチソウの実や,ススキの実を一生懸命啄んでいた。かなり可愛かった。急に雪が降ると昨日まであった餌が雪の下になるので,鳥さん達も他の餌場探しが大変だろうと思う。
Hoojiro2001011

Hoojiro2001012

自宅の柿の木には相変わらずヒヨちゃんが来訪してくる。

「この柿,うめ~ッ!」
Hiyodori2001011
「う~ん,満足。」
Hiyodori2001012

ヒヨちゃんはいたる所で見られるし,鳴き声はうるさいしで,探鳥会でも,「ナンダ,ヒヨか」程度の扱いをされています。でも,でも,よく見るとすごくきれいな色をしています。
胸から脇にかけては,白い斑が入っています。脇から下尾筒にかけてはややくすんだオレンジ模様があります。
ちょっとマニアックになりますが,下尾筒にはきれいな横縞が入っています。
ヒヨちゃんを見る時にちょこっとだけ,興味を持って見つめてあげる人が増えると嬉しいかな。と思っています。
Hiyodori2001013

Hiyodori2001014 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

2006.12.09(土)自宅

モズも来てくれた。

Mozu1812091

ジョウビタキも来てくれた。
Joubitakimesu1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

2006.11.23(木)自宅

落ち柿にヒヨドリやツグミが食べに来た。

Hiyodorikaki12

Tugumikaki1811261

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオジ(シベリアアオジ) | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカゲラ | アカハラ | アトリ | アマサギ | アメリカコハクチョウ | アリスイ | イカル | イソシギ | イソヒヨドリ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウミアイサ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリマキシギ | オオキアシシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオバン | オオマシコ | オオヨシキリ | オオルリ | オカヨシガモ | オシドリ | オジロビタキ | オバシギ | カイツブリ | カケス | カシラダカ | カモメ | カヤクグリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | ガビチョウ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キビタキ | キマユホオジロ | キャノン50D キャノン400mm F5.6 | キョウジョシギ | キンクロハジロ | クイナ | クロガモ | クロジ | クロツグミ | ケアシノスリ | ケリ | コアオアシシギ | コイカル | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクチョウ | コゲラ | コサメビタキ | コチドリ | コハクチョウ | コホオアカ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | サシバ | サルハマシギ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シノリガモ | シマアオジ | シマアジ | シマノジコ | シメ | シロカモメ | シロチドリ | シロハラ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | ダイサギ | ダイゼン | チョウゲンボウ | ツグミ | ツグミ(亜種ハチジョウツグミ) | ツバメ | ツルシギ | トウネン | トラツグミ | トラフズク | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハシジロアビ | ハシビロガモ | ハジロカイツブリ | ハジロコチドリ | ハマシギ | ハヤブサ | バン | パナソニック FZ18で撮影 | パートナーが撮影 | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒメウ | ヒメコウテンシ | ヒメコウテンシ? | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビンズイ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホシハジロ | マガモ | マガン | マダラヒタキ | マヒワ | マミジロ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミジロタヒバリorコマミジロタヒバリ? | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | モズ | ヤマガラ | ヤマザキヒタキ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシゴイ | ヨーロッパトウネン | ルリビタキ | レンジャク | ワシカモメ | 仙台市 | 仙台市 台原 | 仙台市 蒲生周辺 | 仙台市 青葉山周辺 | 八戸ー竜飛岬 | 名取市樽水ダム | 四方山・大洲公園 | 宮城県 七ヶ浜町 | 宮城県 丸森町 | 宮城県 東松島市 | 宮城県 石巻市 | 宮城県 蕪栗沼・伊豆沼周辺 | 宮城県~福島県 | 山元町~松川浦 | 山形市 | 庄内地方 | 我が家からの風景と訪問者たち | 我が家の庭の訪問者たち | 撮影機材など | 新潟県 瓢湖 | 新潟県 福島潟 | 栃木県 | 栃木県 井頭公園 | 福島県 五百渕公園 | 福島県 南相馬市 | 福島県 裏磐梯 | 福島県中通り | 福島県会津 | 福島県浜通り | 自宅 | 茨城県 霞ヶ浦 | 超拡大写真 | 須賀川市 | 飛びもの | 飛島探鳥記録 | 餌台自作の紹介